Loading
東京院

東京院

慶友形成クリニックのご案内

慶友形成クリニックの特徴

慶友形成クリニックは外科治療(美容外科、形成外科)を主たる診療科とした医療機関です。ヒアルロン酸やボトックスなどのプチ整形的な治療も行なっていますが、主には外科的な手術を得意としています。二重まぶたの手術、鼻の整形手術、骨切りなどによる輪郭の外科矯正から、脂肪吸引、胸の整形まで幅広い治療を提供しています。
慶友形成クリニックは2000年に設立しました。勤務医の頃からの実績を含めると30年近く美容外科手術を手掛けてきました。その経験を経て開業当初から外科手術を中心とした美容医療を展開することを目的としていましたので、手術室にはクリーンルームを設置し、最高水準の清浄度、安全性を高めた治療環境を整備した特別な美容外科クリニックです。

医療設備のご紹介

手術室

慶友形成クリニックの一番の特徴は最高水準の医療設備を誇る手術室です。室内の清浄度をNASAの基準を標準とし、常に衛生環境が整っている状態で治療を受けていただくことができます。空調等にもバイオフィルターを用い最高水準の清浄度、衛生環境で全ての治療を受けていただくことができます。
また、人工呼吸器や麻酔器、全身状態を管理するモニターなどの医療設備、救急蘇生体制も万全で極めて高い安全性を確保できる設備を整えています。

細胞培養室/細胞調整室

東京本院、大阪・神戸院いずれのクリニックにも細胞培養室/細胞調整室を設置。GMP基準の培養設備で安全に細胞培養、細胞加工を可能としています。厚生労働省にも届出済みで外部の細胞培養依頼も請け負う細胞培養・細胞調整室を保有し運用しています。

細胞保管システム

お預かりした細胞はすべて、クリニック内の細胞バンク(細胞保管庫:-196℃の超低温保管システム)で専任スタッフが責任医師、品質管理者、製造管理者による管理下で安全に保管しています。当然のことですが、一つひとつの細胞に管理番号を登録・ラベリングし、運用時も複数名のスタッフでヒューマンエラーも起こさないよう徹底した安全基準・品質基準で運用しています。

各医療機器

細胞培養加工以外にも内視鏡、脂肪吸引器、ストライカーやジンマーといって骨切りの設備を所有しており、全ての美容外科手術に対応することができます。

アクセス

PAGE TOP